ヤーマン クワトロビートを体験して分かった!口コミ・効果とは?~スイングビートとの違いを告白~

クワトロビートの効果を紹介

クワトロビートは、エステのようなもみ出しと筋トレ効果が高いEMSを使うことで、脂肪を燃焼させて、筋肉の活性化をし、さらに脂肪の燃焼を促進させる効果があります。

クワトロビートの機能は2つあります。

・もみ出し機能

・EMS機能
クワトロビートは長方形のパッドを、とくに脂肪が気になる、太もも・お尻・おなかといった部位に、ベルトで巻いて使用します。

巻くだけ、ダブル体幹エクサ【クワトロビート】

もみ出し機能の効果

もみ出し機能は、超高速3D振動が可能で、1分間に1300回転して筋肉をもみほぐして、筋トレ効果があります。

上下・左右といった立体的な3Dの振動によって、まるでエステに通っているような、人の手によるマッサージ効果が得られます。

あの、肉厚な人の手によるマッサージを、ブヨブヨした太ももやおなかに施したような感触があります。まさに、エステの痩身マッサージを受けている感覚です。

そして、このもみ出し機能はモードタイプが3つ選べます。

・セルフケアモード
・引き締めモード
・ソフトモード  の3つです。

エステに通いたいけど、行く時間がないという方は、強めの引き締めモードを使って、太もものボコボコした脂肪をほぐしましょう。

エステ通いまではいかないけど、何となく毎日疲れてて、マッサージに行きたいけど時間がないという方には、クワトロビートをソフトモードでお尻にあてて使ってみるのがおすすめです。

以外とお尻のコリは、疲れの原因だったります。特にデスクワークの方は試してほしいです。

また、もみ出し機能を毎日のように使い続けることで、からだの新陳代謝がアップしていきます。脂肪や筋肉をもみほぐすことで、血流が良くなるからですね。
新陳代謝と血流の改善によって、将来のコリ防止にもつながります。

EMS(電気刺激)の効果

EMSとは、筋肉に電気のちからで刺激を与えて、からだの奥深くの筋力をトレーニングする効果があります。

EMSは電気の信号を送って、筋肉に刺激を与えますが、クワトロビートの場合はトレーニング機器専用のEMSなので、からだに程よい刺激を与えます。

EMSの強さはなんと8段階にまで調整できます。
電気の刺激はちょっと・・・という方でも、1番弱いレベルから開始していけば、電気でも怖くないですね。
こんなに8段階までレベルがあるのは、運動選手の筋力アップにも需要があるからです。
脂肪の層が薄い運動選手は、通常の自分の筋トレでは外側の筋肉までしか鍛えられないという、限界があります。
体幹やインナーマッスルを鍛えなければならない運動選手は、EMSの電気刺激を使って内側の筋力をアップさせることが目的でクワトロビートを使います。

クワトロビートの特徴:もみ出し機能とEMSの2つの機能を備えている理由

なぜクワトロビートは他の製品とちがってEMSの他に超高速3D振動がついているのでしょうか。

EMSの最大の弱点は脂肪の壁に弱いことです。

従来のEMS製品だけでは、使用しても脂肪が邪魔をして
電気刺激が筋肉にまで届かず、
筋力アップの効果が見られませんでした。

クワトロビートを使いたいと思っている方は、

インナーマッスルなんかより、

すぐに痩せる目的で使ってみたいと考えているでしょう。

目に見える変化は、しっかり毎日30分つかって、1ヶ月が過ぎたころに効果に気づくと言われています。

まず最初にもみ出し機能を使って、気になる太ももなどの部分を振動させます。振動させることで、ボコボコしたセルライトを除去します。

そして、毎日振動させていれば、徐々にセルライト脂肪が燃焼されるので、筋肉の周りについた脂肪の厚みが薄くなります。これは、3D振動によって代謝があがり、血流やリンパに脂肪とくっついてしまった老廃物が流れていくからなんです。

そして、ここでようやくEMSの刺激によって筋力活性化の効果が高まります。
つまり、EMSの刺激が届くには、老廃物の排出や脂肪の燃焼などのために、およそ3週間以上の時間がかかります。
毎日、スキマ時間でクワトロビートを使用していれば、脂肪のかたまりの変化に気づきます。

巻くだけ、ダブル体幹エクサ【クワトロビート】

クワトロビートの口コミ

 

クワトロビートは、2週間以上の使用で効果があらわれる人が多いと言われています。
実際に口コミを見てみましょう。

 

悪い口コミ

・使ってみたが、使用頻度が少ないせいか、効果を感じられない。2週間使用中
・3週間使用してみたが、とくに変化なし
・値段が高い
・電気パッドの粘着性が気になる
・EMSの刺激が強くて、使用後に赤みが発生した

 

良い口コミ

・1ヶ月家事の合間に使用したところ、おなかのポッコリ感がなくなった
・寝ながらお尻にあてたら、鏡をみたらお尻のたるみが改善された
・家事の合間や仕事から帰った後のテレビを見ている時間に使える
・エステに行く代わりに太もものもみ出しが出来て満足した。セルライトのボコボコが滑らかになった感じがした
・1ヶ月使用すると、クワトロビートを着用していないときでも体がポカポカしている。新陳代謝が上がったかも

 

口コミのまとめ

悪い口コミの場合、効果を実感するために3週間以上使用していない人が多いです。

脂肪の厚さは人それぞれなので、
もみ出し機能を毎日しっかり使用できている人との差があります。

せっかくクワトロビートは、EMSの弱点である厚い脂肪をもみほぐすための、もみ出し機能もセットで付いています。

EMSを使用する前の、もみ出し機能を十分に活用したいですね。

また、電気パッドの刺激が強すぎるという方は、
EMS自体にヒフが慣れておらず、
ヒフがもとから柔らかく、敏感な方がなりやすいです。

対処するには、

・EMSを8段階のうち最弱から使用する
・電気パッドをしっかり肌に密着させる
・EMSだけは日にちをあけて使用する
・使用時間を守る

という点に気を付けて使用しましょう。

クワトロビートのEMS(電気刺激)は医療用ではなく、
ご家庭用のトレーニング機器なので、
そこまで電気刺激は強くはありません。

巻くだけ、ダブル体幹エクサ【クワトロビート】

クワトロビートを実際に使ってみた

1ヶ月使用した結果と感想

体重やサイズの変化

クワトロビートを毎日あてて使用したら、1ヶ月後にはウエストがマイナス4センチ、太ももはマイナス2センチ痩せました。体重はまさかの1.5キロの減量です。
続けてみた感想は、思ったより続けやすかったです。
なぜなら、仕事で疲れた体でも、ジムやエステにわざわざ外出しなくて済むので、おうちでベッドに寝ながらクワトロビートをお尻や太ももにあててました。振動が使っていると弱く感じてくるせいか、そのまま気持ちよくてウトウトしてしまうときもありました。

自分が感じたカラダの変化

もみ出しを使ってから、EMSをしっかり使うことで、腹筋や太ももの筋肉が強くなった感じがします。歩くと、筋肉が使われていると意識できるので、多分筋肉アップになったんだと思います。
そして、軽く運動すると筋肉がついた部分、太ももや腹筋はすぐにヒートアップするんです。これって代謝が上がっていると思います。
代謝が上がると、ますます脂肪燃焼がすすむので、セルライト撃退にも効果が倍増です。
あと、下半身の血行も良くなるので、以前ほどはつま先の冷えが感じなくなりました。つま先の冷えは実は肩こりにも繋がりますからね。

巻くだけ、ダブル体幹エクサ【クワトロビート】

クワトロビートを買うきっかけ

自宅で使える手軽なマッサージを探していました。できれば、コリもほぐせるし、痩せる効果が付いているならなおさら!と思いクワトロビートを探し当てました。
アパートに住んでいるので、音や振動が小さいものが良いと思いました。
他にも、EMSを使うときに、
・よけいなジェルを塗る必要がない
・塗ったジェルを拭き取る必要がない
・パッドを使用後に洗わない
といった作業が必要でないマッサージ機器を探していました。クワトロビートは必要ないんですよね。助かります。
あと、EMSだけでなく、揉み解し機能が気持ちよいかも考えました。クワトロビートの揉みほぐしは3段階に調整できるし、電池や充電要らずです。
ただし、コンセントに直接差し込んで、コード付きです。充電で使用するタイプではないので、これは仕方ないですね。
それよりも、充電式は使い続けると中の充電池が消耗されてしまって、徐々にパワーが落ちていくという欠点があります。
それよりだったら、コンセントに直接差し込んで使用するタイプの方が使い続けるうえでは安心できます。
という色んな事を考慮してクワトロビートを買う事に決めました。お値段は、32,184円(税込み)送料無料でした。
これは、公式サイトとAmazon・楽天どちらも同じ価格だったので、迷わず公式サイトで購入しました。
返品とか、保証期間とか考えると、同じ値段だったら当然公式サイトの方が安心できますから。
公式サイトはコチラからどうぞ★

公式サイトなら安心の保証付き【クワトロビート】

クワトロビートをおすすめする個人的感想を言う

クワトロビートなら、自宅で手軽にマッサージやダイエット目的で使えます。使い方が簡単ですからね。長年EMSについて研究してきたヤーマンは、EMSの効果的な使い方を熟知しているようですし。広告を見た感じだと。だから、EMSを初めて使うことの不安はなかったですね。
自宅で、コンセントに差して、気になるおなかや太ももに粘着パッドをしっかりとあてる、スイッチを押す、という手軽さがよかったです。いろいろ機械を広げなくて済むんで、さっと出して、片付けることができます。
運動を1日しなかったよ、という罪悪感もなくなりましたね。

クワトロビートとスイングビートの違いを告白

 

クワトロビートの商品が出る前に、スイングビートというヤーマンの製品についても調べていました。

 

クワトロビートとスイングビートとの違い

 

クワトロビート スイングビート
EMSの有無 ×
振動回数(/1分間) 1300回/1分間 800回/1分間
使用目的 揉みほぐして脂肪燃焼+筋トレ 振動で疲労回復、腕と足腰の筋トレ
使用方法 ベルトで部位に巻き付けて、パッド

で密着

製品を置いて上に腕や足を乗せる

4つの点でクワトロビートとスイングビートはちがいます

じつは、最初はスイングビートを購入しようか考えていました。

 

スイングビートの特徴

・乗せるだけの手軽さで手軽にらくらくエクササイズ・筋トレ
・毎分800回の振動で筋肉を刺激
・1分間の振動でダンベル68回分・腹筋22回分・スクワット126回分の筋トレ効果
・疲労回復・足腰の筋力サポートが目的
・値段31,860円で、送料無料

 

クワトロビートと同じく、振動を気になる部分に与えてシェイプアップやコリ改善を目指す、という部分は共通しています。

しかもお値段も同じくらいです。

ただ、実際に使用している年齢を調べると、

・クワトロビート⇒20代~60代、なかには元気な70代も

・スイングビート⇒50代後半から

といったように、スイングビートは本当に足腰に自信がなくなってきた方が対象みたいです。

確かに、利用目的は、健康・足腰の筋肉向上ですし。
痩せる、気持ちいいエステ気分で買われる方は少なそうです。

それに、スイングビートは地面に接着して振動させるので、
どうしてもご近所の騒音になってしまわないか、
長い間使ったときに床に傷がつかないか
心配でした。

クワトロビートなら
ベルトで気になる部分に巻くだけなので
寝ながら使えるという手軽さがあります。

値段は二つとも同じですが

手軽に利用できて、
幅広い年代の人が利用していると分かったので
クワトロビートを納得して購入しました。

手軽に自宅でエステとエクササイズを体験♪

【クワトロビート】